3月16日の下書きBlogグレーテストショーマンの

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 12:45
3月16日に書いて下書き保存していたもの↓ 昨日のリハーサルの前にグレーテストショーマンに日本人でただ1人出ていた友人の小森美紀さんの息子の小森悠冊君にバッタリ会った。(写真撮り忘れ) ↑ ここまでが下書き部分 悠冊君と直接話すのは初めて。彼が小学生の頃美紀さんの舞台を観に行った時彼も出ていた。お母さんもかなりの才能の持ち主でその昔NYの売れっ子ダンス教師フランクハチェットのアシスタントなどをしていたのだが小学生の彼もまたまた才能あるなーとその時思った。その後悠冊君はNYいえ全米でトップレベルのダンス学校アルビンエイリーに入り(今回Dance Collage)そこのセカンドカンパニーに入団したのだ。日本に戻りお母さんの美紀さんに悠冊君と会ったことを伝えると今度は世界中で流れているBMWの悠冊君が出ているCMの動画を送ってきてくれたのだ。悠冊君 凄い!!背はお母さん同様小柄なのだが2人ともパワフル。これからも頑張って欲しい。

お陰様で14周年!!

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 00:16
今日4月2日でスタジオオープン14周年を迎える。時が経つのが早くて14年も経ったなんて信じられない。14年前の4月2日土曜日オープンの時にクラスを受けた人数人はずっとスタジオ通ってくれているし、うちのスタジオはもう10年以上通っている方がとても多い。多分3分の2は10年以上だと思われる。大人の発表会の申し込みも既に40人以上となっている。遠くに引っ越しても発表会に参加してくれる生徒も何人かいる。バレエが大好きという気持ちは共通。それはNYでも同じだった。14年前スタジオ作った時はまさかNYまで進出するとは夢にも思わなかったが。最近空を飛ぶバイクが出来たらしいのだがバイクでNYにひとっ飛び出来たらどんなにか良いことだろう。 写真はニューヨークでたまたまGoogleの前を通ったときのもの

Dance Collage 終えて

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 13:25
発表会の準備がある為 NY公演終わって 先週木曜日に帰国。着いた途端花粉症が!!鼻水、咳が止まらなくなった。東京の空気が汚く感じる。 さて日本を飛び立ち、NYに着いたのがバレンタインデーで私の作品のリハが始まったのが18日から。私の振付作品は今回は3曲だったのだが、な、何とそのうち2曲は本番で全員が初めて揃うということになった。本番は袖が狭くてモニターで私は見ていて思ったより纏まっていて安心。写真は私の作品Blossomより
ドンキのグランパドドゥのホセとみさちゃんのリハーサルは13.14.15.16日の4日のみ。みさちゃんにその話を最初にした時不安がっていたが。本番は流石みさちゃん。フエッテも32回こなした。今回もし万、万が一みさちゃんが怪我などで出られなくなっても今回その代役が可能な人が沢山いたのも心強い。ホセはキューバ国立バレエ学校からバレエ団プリンシパルなだけあってジャンプも回転も卒なくこなしていた。
昨年夏赤ちゃん出産した3人ミッシェル、歌手のケリー、カリーナもママパワー全開!



今回のダンスコラージュはいつもと違って私はジャズを振付せずバレエメインだった為とにかく衣装の調達に苦労をした。NYは日本みたいにレンタル衣装屋が殆どないのだ。 色々なことを学びながらまた次回も出来るように頑張っていこう。観に来てくれた1人のダンサーから次回の時には出演したいと。そして他からも。人が人を呼びどんどん大きな輪が。スタジオの片岡先生に出ていたダンサーの国籍話したら オリンピックみたいと言われた。オリンピックも平和の競典。ダンスコラージュも平和の公演。今回出てくれたミッシェル他2人がベネズエラ出身。ベネズエラはここ数年大変国が荒れていて大変な状況。出演者で南アフリカ出身のBoysieがそれを憂いてFacebookにベネズエラに祈りを。僕の心はいつもベネズエラにとプロフィールに載せていた。私がミッシェル達にBoysieのことを伝えたらとても喜んでいた。SGIはSpecialistバレエのスペシャリストG Globalist I Internationalist 地球規模で物事を考えられる 国際人。Boysieは正にその代表だ。写真はBoysie(男性。男性ばかりののコメディバレエ団 トロカデロ所属)

Homeless

  • 2019.03.24 Sunday
  • 16:20
私が最初にNY行った25年ほど前は結構ホームレスがいたのだがオバマ政権になって一時期全くと言って良い程ホームレスを見かけなくなった。しかしこの冬は過去最高にホームレスを見かけた。寒いので地下鉄の中、駅構内が多かったのだがこんなに物乞いをしている人が多かったのは初めてだ。来るときの飛行機の中の何かでマンハッタンは10人に1人が億万長者と言っていた。そう考えると貧富の差、トランプ政権になって格差が益々広がっているのではと思えた。マンハッタンは家賃がとてつもなく高く、今回のダンスコラージュの出演者36名中マンハッタンに住んでいるのはたったの1人。Boysieのハーレムを入れたら2人。あとは皆んなクイーンズ、ブルックリンまたは隣の州のニュージャージー。 もう一つトランプ政権になってアメリカ入国やビザが厳しくなっているのは事実。出発前も航空会社のカウンターでその旨を伝えられた。私はいつも入国する際に機械で入国の手続きが簡単にできるのだが今回はアメリカパスポート以外は全員入国管理官のいるところへ並べと言われた。そして入国管理官の列に長い時間かけて並び、いざ自分の番になった時 結構パスポートの他のページもチェックされた。バレエをやっていると言ったらすんなりと入国許可のスタンプを押してくれた。 ダンスコラージュの記事を掲載してくれた週刊NY生活にNYで古くからあるお寿司屋が閉店と。その理由がトランプが寿司職人にはビザをもう与えないということで店を職人が帰国を余儀なくされ閉めざる終えないからと。 (NYには日本人寿司職人じゃない、似非のお寿司もある。ラーメンも人気があり入ってみたが日本人が経営していないので見た目は似てるが味はイマイチだった。) トランプは兎に角評判が悪い。 ホームレスが増えるって余程経済が良くないということだ。早くサンダーズか何かと変わってもらいたい。

写真その2

  • 2019.03.18 Monday
  • 10:53


上から本番直後 フィナーレ ミッシェル トロカデロのBoysie ホセミサケイティと

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM