Ballet Roseを観に行った

  • 2018.03.26 Monday
  • 22:10
牧阿佐美バレヱ団のプリンシパル織山万梨子ちゃんのお母さんから万梨子ちゃんがチャコット主催のガラ公演バレエローズで眠りの2幕を踊るというので新宿文化センターまで観に行ってきた。テーマはバラ。プログラム1番はパリが舞台でバラ売り少女の踊りから始まる。とても細くてとっても上手なダンサー。回りものもダブルもとてもコントロール力があり 力も何も入れないで自然に回っている。中島耀 聞いたことのない名前。舞台終わって調べてみたらユースグランプリの日本予選1位や主要コンクールで1位を取っていてな、なんと中学生!!そのバラ売り少女からバラを買いカップル達がそれぞれのストーリーを持って踊っていて曲も馴染み深い曲で楽しめた。プログラム第2が万梨子ちゃんと東京シティのプリンシパル キムセジョンの眠り2幕。コールド付きだ。
3番目は谷バレエのプリンシパル 三木雄馬さんと永橋あゆみさんのロミジュリ。ロミジュリは私が大好きなパドドゥでもある。(私は踊れないので観るのが好きな) 1部のとりは新国のソリストと言っても主役を踊っている池田理沙子&井澤駿 白鳥のグラン。井澤凉さんの弟らしい。コントロールが効いてとても上手。
2部は佐々部佳代&清水健太 ジゼル
そして最後は新国プリンシパルの小野絢子と福岡雄大のドンキ。これもコールド、ソリスト付き。
そして普通のグランパトドウと違うのは全てどこかでバラが出てくるところだ。
フィナーレは南国の薔薇に乗せて 面白い演出、構成で盛り上がった。

全幕でもなく、ただのガラ公演でもなく バラというテーマで面白く、 何せダンサー達のレベルが高くて見応えがあった。 昨年フィンランドバレエのガラでドンキを観たが キトリのコーダのフェッテはシングルで舞台1番前まで移動してしまい途中で終わっていたが 今日のオディールもキトリも途中でダブルを入れていてテクニックが安定していて日本のバレエのレベルの高さが伺えた。それにしてもあの中学生の中島耀ちゃんは大したものだ。アンコールのときに振付演出した伊藤範子さんが彼女をセンターに連れて来てた。将来有望なダンサーだ。やはり将来一流のダンサーになるには子供の頃からやっていないと無理だということを感じた。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM