<< 若かりしマイケルカスマノとタマラロホ | トップ | 若いって良いな でも私も、、、 >>
0
    バレエで食べて行ける?続編
    この前の記事にもあったように日本のバレエの公演ではチケットノルマがあることが多い。ダンサー達が何枚または何十枚主役になると何百枚?と持たされて売りさばかないといけない。
    昨年ニューヨークで公演やる前に向うで活躍しているダンサーに聞いたらニューヨークではチケットノルマはないとのこと。まだ生徒なら払って舞台に出るがそうでない場合はギャラが発生と聞いたので私の公演も一切出演者にはチケットノルマは課せなかった。チケット売るのはまたは別の人の役割なのだが私は何でも屋をやるので私が宣伝活動も行った。ラッキーにも昨年はニューヨーク州の郊外ののTVが無料で宣伝を1週間を行ってくれた。私の人生はとてもラッキーでいつも何故かそういう人が現れる。
    バレエで食べて行けるか否かはラッキーかどうかというのも含まれる。どれだけバレエが上手くてもそれを生かしてくれる人との出会いがないと上手くはいかない。私の知り合いの女の子がロシアのバレエ団にいたのだが芸術監督がアジア人があまり好きでなく、出番が少なかったと言っていた。日本人でもその子と同じ位の才能の持ち主で背が低くてポッチャリしている子は違うロシアのバレエ団だがよくソリストでも使ってもらっている。なのでやはりどういう人と出会い、どういう人が周りにいるかでバレエ人生も変わって来てしまう。実力、スタイルや才能だけの問題ではないのだ。
    - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.studio-sgi.com/trackback/877460